借入限度額はどのように決まるのか、調べてみました!

借入を始める前に、まずは希望借入金額を決めて申込むことになります。でも、自分はいくらまで借りられるのか、具体的な金額が分からないかもしれません。

 

消費者金融の借入限度額は、申込者本人の年収に大きくかかわっています。消費者金融には総量規制が適用されているので、個人の年収の3分の1までしか貸し付けてはいけないことになっています。

 

なるべくたくさんお金を借りたい方にとって、総量規制の枠は少し厳しいと感じるかもしれません。

 

でも、この枠があることによって、貸し過ぎ借り過ぎを防ぐことができ、利用者の安全が守られています。キャッシングやカードローンの利用者の中には、焦っていたので返済のことまで考えずに借りてしまったという方もいます。お金を借り過ぎて返済に追われないために、借りる前に具体的な返済計画を立てることが必要です。

 

自分の年収の3分の1ということで、だいたいの借入限度額は自分で計算できます。でも、必ずしもその借入上限金額で借入できるとは限りません。つまり、借入限度額が100万円だとしても、絶対に100万円借りられるわけではない、ということです。

 

消費者金融が審査の時にその人の属性や個人信用情報の内容をチェックして、これぐらいなら確実に返済できるだろう、という金額が実際に借入できる上限額になります。なるべく少なめの融資からはじめれば、審査に通る可能性が高くなります。

 

 

さらに、借入を始めてから、毎月確実な返済を続ければ、消費者金融の方から増額融資の案内がくることがあります。

 

増額融資とは、たとえば今までは30万円までしか借りられなかったが、これからは50万円を上限に借入ができる、というように限度額が上がることをいいます。

 

このような案内が来たということは、すでに信用ができているということなので、さらにお金を借りやすくなりますね。まずはきちんとした返済履歴を作り、信頼を築きましょう。