消費者金融の審査で見られるポイントはココ

消費者金融のカードローンは、年齢制限内の安定した収入がある方ならだれでも申込むことができます。ただし、申込みをしたら必ず借りられるわけではありません。

 

消費者金融に申込をするとまず審査があり、審査に通った場合に限り借入可能となります。ですから、審査に通るかどうかは大切なポイントです。

 

では、消費者金融の審査では何がチェックされているのでしょうか。

 

審査でまず注目されるのが、属性です。

 

属性とは、申込者の年齢や職業、勤務年数や年収などの細かい情報のことです。

 

これらの情報は申込書に自分で記入することになるので、間違いなく記入しましょう。中には、できるだけ審査に有利になるようにと思って、年収を多めに記入したり、現在の借入件数を少なめに申告したりしようとする人もいるようです。

 

でも、消費者金融が本当に注目しているのは、申込者の人となり、つまり信頼できるかどうかです。ウソの申告をすると信頼を失ってしまうので、絶対にやめましょう。

 

審査の時に、消費者金融は申込者の個人信用情報の照会をします。これは、審査に通るかどうかを左右するとても重要なポイントです。

 

個人信用情報を照会すれば、申込者がこれまでクレジットカードやローンを利用したことがあるかどうか、返済状況はどうかが分かります。それで、消費者金融はその情報を元に、貸付をしてもきちんと返済してくれる客かどうかを判断するのです。

 

今まできちんとした返済をしてきた場合は、審査に通る可能性が高くなります。逆に、最近一度でも滞納をした履歴があるなら、その記録はしばらく個人信用情報に記載されるので、今すぐの借入は控えるのが良いかもしれません。

 

今回が初めての利用の場合は、過去の履歴がないので、比較的審査に通りやすいことが予想されます。審査では、申込者が確実に借入を返済できる能力があるかどうか、信頼できる人かどうかがチェックされる、ということを覚えておきましょう。