消費者金融を申込む時に必要な書類は?

たとえば銀行でローンを組む場合、複数の書類を用意する必要があります。

 

書類を取得することから始めて、コピーしたり、不備がないか確認したり何かと手間がかかることがあります。それで、少しでも手続きをスムーズに進めるためのカギは、申込の前にあらかじめ書類を用意しておくことかもしれませんね。

 

では、消費者金融のカードローンに申込む前に、どんな書類を用意する必要があるのでしょうか。

 

消費者金融で必要な申込書類は、大きく分けて2種類で、「本人確認書類」と「収入証明書」です。

 

消費者金融の業者によっては50万円までは収入証明書なしで借入が可能なので、急いでお金を借りたい方は特別な書類を用意する必要がなく、とても便利です。本人確認書類としては、多くの人が常に持ち歩いている運転免許証を提出すれば良いだけなので、とても手軽です。

 

運転免許証を持っていない

以下の書類の中からいずれかを提出することもできます。

  • パスポート
  • 健康保険証
  • 発行後3ヶ月以内の住民票または印鑑証明書
  • 個人番号カード

 

収入証明書類が必要な場合

業者によって多少の違いはありますが、以下の書類の中からいずれか1部の提出が必要です。

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 所得証明書
  • 直近2ヵ月の給与明細書

 

はじめて消費者金融を利用する方など、少額融資を希望の方は、運転免許証だけ用意しておけば申込できます。消費者金融の申込はこんなに簡単!申込に手間がかからない、便利な消費者金融のカードローンをぜひ利用してみましょう!